避妊に効くピルは妊活にも有効【婦人科で処方してもらおう】
ロゴ

WOMANLIFE

ピルを有効活用するために正しく知識をマスター!

そもそもピルとは?

婦人科で処方されるピルは、低用量ピルや緊急避妊ピルなどが挙げられます。通常女性患者の多くが利用しているのは、低用量ピルになります。避妊効果が非常に高く、副作用も少ないことが特徴です。

ピルの主な種類

低用量ピル21錠タイプ

21日間毎日飲んで、その後7日間薬を飲まない期間を設ける服用方法です。7日間休薬した後、再び21日間飲んで、7日間休むというサイクルを繰り返します。

低用量ピル28錠タイプ

28日間毎日服用しますが、最後の7日分は、成分が含まれていない偽薬になります。実質的には21錠タイプと同じサイクルで服用するのですが、休薬期間を設けなくて良いため飲み忘れなどを防ぐことができます。

緊急避妊ピル

性交渉の後72時間以内に服用するタイプのピルで、望まない妊娠の可能性がある性交渉をした場合の緊急的な回避策となります。

避妊に効くピルは妊活にも有効【婦人科で処方してもらおう】

医薬品

目的はさまざま

大阪の婦人科に通う女性患者の中にはピルを服用しているケースが目立ちます。妊娠を望まない場合に有効なピルですが、女性の身体の不調をサポートするような効果も期待できます。女性ホルモンの働きをコントロールすることによって、生理前のイライラや肌荒れの改善効果も狙えます。

妊活にも良い影響がある

ピルを服用することで、将来妊活を行なうときにも良い効果が出やすくなります。卵巣の動きをとめていたことによって、その分卵巣の老化を遅らせることが期待できるのです。

飲み方

正しいピルの服用方法としては、毎日決まった時間に飲みます。21日タイプか、28日タイプの錠剤が処方されることが多いですので、適切に継続服用していきましょう。ピルは保険適用外になりますが、一ヵ月あたり3000円から4000円程度の費用になることが多いようです。

広告募集中